日本脳炎ワクチン現在の状況

日本脳炎ワクチンは、今も供給がほとんど途絶えた状況です。
夏に入り全国で接種希望者が増えた結果、更に薬液が入手困難になってしまいました。
先月は約10名分のワクチンの納入がありました。今月はまだ入荷されていません。
大変申し訳ないのですが、この問屋のペースが変わらないとすると、今の当院の接種待ちの状況は、半年~1年待ちと言わざるを得ません。
来年には工場で増産できるとメーカーから言われていますので、これが本当なら良いのですが...。

|

8月の予定など

毎日暑いですね。
今年は、ほとんど雨の降らない地方もある一方で局地的な大雨が連続して各地を襲い、大変な年になってしまいました。もう少し全国に分散して均一に降ってくれればと願うのですが、こればかりは思うようにはいきませんね。
手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱(咽頭結膜熱)、溶連菌感染症、胃腸炎、ムンプス、水ぼうそうなど流行しています。夏の計画は、無理なく子どもの休めるペースで組んであげてください。

さて8月の休診ですが
10日(木)午後は、県医師会の学校医の会議があるためお休みします。
お盆休みは
11日(金)山の日~15日(火)です。

12日(土)夜は飯島は小児救急センターにおります。

Img_2311

|

日本脳炎ワクチン若干入荷。

日本脳炎ワクチンが本日5人分入荷されました。
少数ですが予約を再開します。

1. 当院かかりつけの方で
2. 3歳の標準接種年齢になった初めての接種の方
3. 初めてではないが接種年齢の制限期日が近い方
を最優先で受付いたします。

3歳未満だが早めにワクチンを受けたい方、1期追加接種の方、2期の方は、ワクチンが潤沢に出回るようになるまでまだしばらくお待ちください。

|

日本脳炎ワクチン全く入荷されません。

日本脳炎ワクチン、全く問屋から納品されません。
先月2人分入荷された後、もう1か月以上1本も届いていません。
一体どこにあるのでしょうか?

そろそろ蚊が出てくる季節ですので、まずは標準接種年齢の3歳のお子さんからぜひ接種を受けて欲しいのですが...。

ワクチンが納品されるまでしばらく予約を中止いたします。

Img_2161


|

おたふくかぜワクチン品薄です。

日本脳炎ワクチンがほとんど入手できず、事実上予約ほぼ中止状態ですが、今度はおたふくかぜワクチンが足りなくなってきました。
今週の入荷状況では予約を中止しないといけないかもしれません。
MRワクチンも品薄です。

ワクチンの生産と流通はいったいどうなっているのかな?
日本脳炎については、需要が多すぎて製造が間に合わないという理由で、1社が来年まで出荷停止してしまいました。ガリガリ君じゃないんだからもう少し計画的にお願いしたいところです。
毎年接種する人数はほぼわかっているのだから、急に足りなくなるというのはどこか流通ルートに問題があるということでしょうか。血液の流れなら、流れのうっ滞やルートの閉塞や、あるいは一部末梢に集中?
今の厚労省は「各医療機関で確保に努めること」というのみで、生産や流通をコントロールする気はないようです。確保に努めるというのは「買い占めよ」という意味でしょうか?ずいぶん古い話になりますが、オイルショックの時のトイレットペーパーの買占め騒ぎを思い出します。そんなことはないと思いますが、良心的な医療機関ならこんな時に買占めは勘弁してほしいものですね。

Img_21101

|

«日本脳炎ワクチン若干数入りました